親が要介護状態になった時、今までの生活をどうキープするか? 介護離職するのか?、老人ホーム入所を考えるか? 私なら、在宅ワークで乗り切る道を選びます。

親が要介護状態で介護離職!? 在宅ワークでラクラク親孝行するたった一つの秘訣

私たち40代50代は、いろいろなリスクを抱えています。
肩たたきリストラ、会社の倒産、自身の病気、そして親が要介護状態になるなどホント苦労が多いのです。
私は、特別養護老人ホームで園長をしてました。
家族が要介護状態になり、今までの生活が一変、とにかくあわててこの問題を解決しなければならなくなった人を何人も見てきました。
老人ホームに入所で全てが解決するか?
なかなか、そうは、うまくはいかないものです。
元業界人の私が言うのもなんだけど、全ての老人ホームで幸せな老後が過ごせるかはちょっと疑問です。
ひょっとすると幸せな老後を過ごせるのはごく一部の人だけ!
間違った老人ホーム選びをすると、、、、、、、、、。
いい老人ホームは、待機者も多いので、入所するのに時間がかかります。
そして、思ったよりお金かかる場合もあります。

介護離職の実態

総務省の調査によると年間約10万人の人が、介護離職しているのです。
多くの人が、初めは介護と仕事の両立を試みるが、健康を害して仕事が続けられなくなるケースが後を絶たないらしいのです。
結局、介護離職して介護に専念するか、自分の親を老人ホームに預けるか、という選択に迫られるわけです。
元業界人として、本質をいうのはなかなか抵抗感がありますが、要介護状態のご本人にとって、最後まで住み慣れた場所で、家族と一緒に暮らすのが一番幸せなのだと思います。
それを不可能にするのは、経済的問題が大きいのです。
金銭的問題さえ解決すれば、在宅サービスを利用しながら、家族の元で暮らすことができるのです。
充分なお金があれば、離職して、要介護状態の親を自分の手で介護することが可能なのです。

在宅ワークで充分な収入を得る!

結論から先に言うと、在宅ワークで充分な収入を得ることは可能です。

介護離職のハイリスクである40代50代の私たちは、インターネットビジネスに対し、何らかの抵抗感があります。

それは私もそうでしたし、認めます。はっきり言って胡散臭いです。

しかし、インターネットビジネスは、そうした側面だけでは決してないのです。

人を騙さなくても、収入を得る方法は確実にあります。

どの世界にも人を騙そうとする人は必ず存在します。

大切なのは、信用できる人からそのノウハウを得ること、そして、スキルを身につけること。

そうすれば、たとえ介護離職をしたとしても大丈夫なのです。

あなたの考え方ひとつで、最後まで親孝行をしながら、充分な収入を得ることが可能な将来性のある分野なのです。

もし、興味のある方は、遠慮なくコメントください。

コメントをいただいたとしても、しつこいセールスなどいたしませんのでご安心を!