定着率を上げるためには、それなりの対策が必要ですが、それをしっかり教授できる人はほぼゼロに等しいということです。今までに、効果のある研修や講習を受けたことがありますか?

スタッフ同士のいじめをなくすたった1つの方法!



スタッフの定着率の悪い介護職

事業計画、予算案そして新卒の職員を迎える準備など、新しい年度に向けての準備にお忙しい頃だと思います。

そんな中、

せっかく苦労して、お金をかけて確保したスタッフが、あなたの職場を離職しまったら、予定外の負担が生じ、せっかく立てた事業計画もうまく消化できないなど、いろんな支障をきたすものです。

なぜ介護職員は離職者が多いのか?

他業種と比べ、統計的に見ても、介護職は、定着率が著しく悪いとされる業種の一つです。

特に20代前半の若い介護士は非常に定着率が悪いです。

「今時の若いものは辛抱が足りない!」

そんな言葉今だに思い浮かべていたのでは、これからもっと厳しい人材確保困難時代を生き抜いていけるかどうかわかりません。

利用したいお年寄りは大勢いても、良い働き手を確保できない施設の未来は残念ながら本当に厳しくなります。

最近の老人ホームの倒産事情は、スタッフが確保できず、そのため利用者を制限するしかなくなり、キャッシュブローが回らなくなるケースがほとんどです。

お客さんがいても職員を確保できないため倒産!

今後の施設経営のカギを握るのは、人材確保です。

はっきり言っていかに良いスタッフを集め、そして定着させるかしかないのです。

26年間の経験で声を大にして言えることは、定着率を上げるためには、それなりの対策が必要ですが、それをしっかり教授できる人はほぼゼロに等しいということです。

そして、私は、それについて長年悩まされ、ある一定の解決方法を見出せたということです。

退職理由のトップは人間関係です

スタッフがあなたの施設を止めるのは、必ずしも給料が安いからではありあません。

あなたの職場の人間関係が悪いからです。

そして、はっきり言って、いじめや、それに近い軋轢は生じているからです。

私もそうでしたが、多くの管理者は、それが心の底ではわかっていいても、認めたいとは思いません。

いじめなんて単純な理由で大人が仕事を辞めるなんて信じたくないのです。

「いじめなんて簡単になくせる」と思ってもそれほど単純な問題ではないのです。

そして残念ながら、そんなに簡単に解決できることでもないのです。

しかしこれを解決しなければ、あなたの施設の定着率を上げることはできないでしょう。

「職場のいじめをなくす方法」という研修や講義を受けたことがありますか?

ほとんどの人が、「職場のいじめをなくす方法」についてのはっきりした解決方法を知らないと思います。

そんな研修や講座ほとんどありません。

もし、それに近い研修を受けたことがあるとして、何か効果がありましたか?

あったとしたら、こんなブログ読んでいないはずです。

つまり、ほとんどの人がこれについて研究をしておらず、そしてほとんどの人がこれについてのはっきりした解決方法を知らないのです。

だから、老人ホームでの離職率が高いのです。

もし、あなたの老人ホームの離職率を少しでも改善したいと思ったら!

そろそろ新年度を迎えます。

3月は職員の入れ替えが激しくなる季節です。

せっかくやる気のある新卒者を獲得できても、職場内でいじめが横行してるのでは、離職してしまうのも時間の問題ですね。

これを解決しなければ、あなたは、一生人材確保に翻弄されることになるでしょう。

これを解決したことがあるものだけが知っている方法があるのです。

もし少しでも、この問題を解決したいというお気持ちがあるのでしたら、私にコメントください。

私にコメントすることが問題解決の糸口となります。

何かしらお役に立てると思います。

電話による相談、メールによる相談、どちらも受け付けて言います。

お気軽にご連絡ください!

念の為お伝えしておきますが、相談は無料です!