私自身、老人ホームの施設長をしている時には、職員にも施設長同士でもなかなか言えなかった部分、そのタブーに今回思い切って触れたいと思います。

福祉施設だから言ってはいけないタブーがある

かなり不謹慎な内容になるかもしれません。でも、わらをもすがりたい気分で毎日を送っていらっしゃる在宅施設の運営者の方もいらっしゃると思います。

私自身、老人ホームの施設長をしている時には、職員にも施設長同士でもなかなか言えなかった部分に今回思い切って触れたいと思います。

在宅サービス、デイサービス・訪問介護・ショートステイは、介護保険導入前の位置付けは、特養の余力で運営されていました。簡単に言うと、真剣に考えられていませんでした。酷い言い方ですが、居場所を提供しているだけでありがたく思ってもらいたいぐらいの感覚です。

ですから、ご年配の施設長さんや理事長さんはいまだにそうした感覚を引きずっていらっしゃる方も少なくないと思います。

そのため、依頼している会計事務所の無責任な提案で、在宅事業を縮小したり、閉鎖したりといった判断に至ってしまうケースが大変多いようです。

しかし特にデイサービスは、施設の主力です。(もちろん親施設の特養も主力です。)

これを閉鎖あるいは縮小するといった考えは、親施設の特養あるいは法人全体の崩壊の第一歩を意味するのではないかと私自身考えていました。

ですからそう決断する前に、その運営方法を考え直すことをご提案させていただきた。(会計事務所は、お金の流れは理解しているでしょうが、どうすればお客様が増えるかを提案することは多分不可能だと思います。)

デイサービス・訪問介護は特養などの親施設を維持するための大切な事業です

在宅事業は、間違いなく主力です。余力で行ってはいけないのです。

なのに、ちょっとした赤字を気にするあまりに、会計事務所の言う通りそこに投入する人材をパートなどの非正規雇用で固めるなどが、崩壊の第一歩と考えたほうが妥当です。人件費の安い新人を投入することも避けたほうが良いでしょう。

むしろここでは自信を持ってサービスが提供できる主力級の人材を投入すべきです。主力級でなくてもできるだけいい人材を! これが、私が失敗の中から学んだ戦略の一つです。

デイサービスや訪問介護は、施設のコマーシャルです。一般企業は事業、販売業績を上げるためになんらかの広報活動を行うのがほとんどです。在宅事業は、施設の信頼とサービスの良さを宣伝する大きな役割があると考えることが第一だと思います。

ここからがタブーです

もしできるだけ早く業績を伸ばしたかったら、できるだけ効率よく集客したければ以下のことをご提案いたします。

だいぶ不謹慎な内容ですが、競争に勝つための基本的手段として読んでいただきたいです。

デイサービスや訪問介護などの在宅サービスは、実は『人気』を集めることが重要なのです。

サービスの質が良いのは、当たり前でそれほど大きな解決策になりません。なぜならどこもそれなりにサービスの充実を計って集客するからです。ですから最低条件です。

お客様は多くの満足をもとめてサービスを利用しています。サービスを受けてよかった、得をした、楽しかった、こうした印象をお客様に持っていただくためには、先に述べた質の良いサービスだけでは、他の施設との差別化がわかりにくいのです。

「質の良いサービスを見てくれの良い人から受ける」これが重要です。

簡単に言うと、美人で愛嬌があって明るい人たちから、質の良いサービスを受ける。このことがキモになります。

在宅の職員は施設の顔といっても良いでしょう。

なので、職員の選出の基準は、誰からも好かれやすい容姿の、熟練した職員ということになります。

見てくれも本当重要なのです!