介護職員が自分の仕事を他人や知人に説明するときに、自分の法人のホームページを自慢げに立ち上げて、堂々と説明できる環境ですか?

人材確保はホームページのデザインで決まる!

今では中学生でも持っているスマホの威力を甘くみてはいけません。

私は現在57歳ですが、特に私と同年代かあるいはそれ以上の方はこのスマホの実力をイマイチ理解していない傾向にあります。

しかし、私より若い世代は、スマホを使いこなしています。

ほとんどすべての大学生、高校生は、このスマホのない生活は考えられないのではないでしょうか。

友達とのやり取りはラインで、暇つぶしにはゲームのアプリを立ち上げたりyoutube の動画を再生したり、お財布代わりにもなるし、音楽だって聞けます。

彼らが就職先を考える場合でも、バイト先を探すときでも、ボランティア施設を探すときも、近い将来彼らの親がお世話になるサービスを決めるときも、このスマホをフル活用することは間違いないのです。

スマホで検索したときのホームページのデザインが、「興味を引く」「使いやすい」「役に立つ」こんな印象が大切

老人ホームの職員を募集する場合、その機動力を考えるならばなるべく若い人たちを対象としたいのが本音です。

未経験者ならばなおさらです。

いくら新聞広告やハローワークに求人募集してもおめあての人材が見つかりにくいのも単純に、対象としている世代に合わない求人をしているからなのではないでしょうか。

スマホを宣伝媒体とした広告会社に頼むべきです。

せっかく興味を持ってもらっても、施設のホームページを閲覧して、アクセスする気が無くなってしまったらこれもまた悲劇です。

就職先を探す人が検索して、その画面を見たときに興味を持って見てもらえるかが非常に大切な要素になります。

スマホを広告媒体にしている広告会社を使って人材確保をしようとする老人ホームは多いと思います。

なので、どの老人ホームよりも興味をそそる画面でないと競争に勝てません。

簡単に言うと、ホームページの面白い施設に人材が集中するということです。これは現実です。

どれだけの金額をホームページにかけたかではないです。

100万円かけて業者にデザインを依頼してもセンスが悪ければ全然使い物になりません。逆に安価でも、センスが良く、必要な情報が楽しく観れるホームページの方が優秀です。

実直に、真面目に社会福祉を実践していたとしても、このポイントを間違えると負け組に転落してしまうのです。

つまらないホームページの施設は求人だけでなくあらゆる人集めに失敗している

スマホでホームページを閲覧して施設を決めるのは、就職希望者だけではありません。

サービスを受けようとしている人たち、サービスを紹介しようとしている人たち、ボランティアしようとする人たち、実習先を決めようとしている人たちなど、多くの影響があるのです。

事実、ホームページの管理にこだわっている老人ホームでは、求人も集客も職員の定着にも成功しています。

私ども『近未来福祉研究所』にご依頼頂ければ、人を集めるホームページデザインを安価でご提案させていただきます。