ボーナス時期は退職者の多い時です。相手の不満に傾聴の姿勢を見せ、改善に取り組まなければ年末年始のシフトの混乱を招きます。

そろそろ冬のボーナスの時期ですね

この季節は園長として一番頭がいたい季節です。

それは1年で一番退職者の多い季節だからです。

実力のある職員は考えます、「ボーナスを受け取れる基準日すぎたら退職届を提出し、12月中に溜まっていいる有休を使い職場を離れ、年末年始はゆっくり休み、来年、きりが良いところでもっと良い施設で心機一転頑張ろう」と。

それもこれも、理事長、施設長の責任です。日頃の管理能力が問われる季節ですね!

今ならまだ間に合います!

ボーナスを絡めた成績評価のための面接では遅すぎます。

もし心配な施設長がいらっしゃるなら、この時期に職員全員と責任ある立場で面接することをお勧めいたします。10月中に何がなんでも行うべきです。それが一番被害を最小限にとどめる秘策です。時期が遅くなれば遅くなるほど職員意思は固くなるものです。

意思が固まらないうちに対策することをお勧めいたします。

この時期の面接で大切なこと

面接の際にしっかり抑えなければならないことは、

第1に、施設上層部に対する不満

第2に、職員間の人間関係で困っていること

第3に、利用者サービスで改善すべきこと

第4に、園長としてその職員の評価できる点

この4つの項目はしっかり抑えておきましょう。そしてどんな意見も否定や言い訳をせず、傾聴しましょう。

全員面接終了後、即座に行動せよ!

職員から上がった意見は、職員会議を開き、全員で情報を共有することをお勧めします。そして、改善に向けて取り組む強い姿勢を示しましょう。

そうした迅速な行動が、あなた自身の評価を高め、職員のやる気を取り戻し、最終的にサービスを受けるご利用者様の利益につながるのです。

もちろんチームワークも良くなります。

何よりも働く方たちは、偉い人に意見を聞いてもらいたいのです!

相手より一足早い行動をお勧めします。